公益財団法人 山崎美術館

  • HOME
  • 公益財団法人 山崎美術館
  • 公益財団法人 山崎美術館

橋本雅邦画伯

橋本雅邦画伯は、川越藩のお抱え絵師橋本晴園養師の子息にて、画道に勝れ、日本革新の先覚者であり明治時代における我が国画壇の最長老であります。
依って、郷土川越の有志が集まり、明治32年(1899)画宝会を結成し、先生のご力作の頒布をいただきました。
山崎家4代目故山崎豊翁は、同会の幹事として率先活躍するとともに、画伯から受けた作品をすべて大切に保管し、これを子孫に伝承させたものであります。
併し、子孫としては、社会公益の為、一般に広く鑑賞を仰ぎ、以って美学向上の資料に供するに、如かずと考え、ここに翁の誕生150年を記念し、昭和57年文化の日に山崎美術館を発足いたしました。
より多くの方々のご利用を切にお願いします。

美術館概要

名称 公益財団法人 山崎美術館
所在地 〒350-0065
埼玉県川越市仲町4-13
電話番号 049-224-7114
開館時間 9:30~17:00
※但し、入館時間は16:30まで
休館日 木曜日(但し祝祭日の場合は開館)
年末年始(12月27日~1月2日)
展示替期間
入館料 一般 500円 (団体10名以上400円)
高・大学生 350円 (団体10名以上250円)
小・中学生 200円
交通アクセス JR埼京線・東武東上線 川越駅下車徒歩20分または、市内バス仲町下車
東武東上線 池袋より急行にて30分
西武新宿線新宿駅より急行にて65分

アクセスマップ